プレイリスト『2022夏至Mix』公開しました。

プレイリスト『2022夏至Mix』公開しました。

6/15(水)から始まるキャンドル・ナイト・ウィークのために、『2022夏至Mix』を作ってみました♪

6/15(水)〜17(金)、6/20(月)、6/21(火)の20:00よりcafe308店内で流しますが、ご自宅でもお楽しみいただければと思いプレイリストを公開いたします。

Apple Musicにて公開中!
[プレイリストへ]

1.Midnight Sun
最近気になっているアメリカのピアニスト、ドラマー、作曲家のジュリアス・ロドリゲス。23歳。若い!ジャズ・スタイルの2管コンボだけれど、サウンドが新しい!

2.Where Grace Abounds
同じくジュリアス・ロドリゲスの6.10発売のメジャー・デビュー・アルバム "Let Sound Tell All" より。シンプルで美しいピアノに徐々に楽器やコーラスが重なっていくドラマティックで魅惑的な展開。

3.soar
春になってからお気に入りの haruka nakamura のアルバム "MELODICA" より。何が好きかって、後半にラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」がサンプリングされていること。指折りの美しいメロディ。

4.Energy Flow
坂本龍一の1999年の曲。リゲインのCMで使われていたから知っている人も多いと思う。

5.エナジー 風呂
原曲の発表から20年後の2019年4月26日。風呂の日に発表されました。2018年の「energy flow - rework」をベースに、環ROYと鎮座DOPENESSのラップを加えた、更なる新バージョン。こういうのも好き。

6.Theme from a summer place
1週間に1度は必ずかけているスケッチ・ショウの2002年のアルバム "audio sponge"より。夏の日の恋。また夏が始まりますね。

7.Still Walking To the Beat
高橋幸宏の2006年のアルバム "Blue Moon Blue" より。1985年の "WILD & MOODY" に入っていて好きな曲だったんだけれど、頭に "Still" のついたバージョンは最近知りました。これもカッコいい♪

8.終りの季節
以前、お客さんからリコメンドされたレイ・ハラカミのことを調べていたら、矢野顕子とのユニット「ヤノカミ」の存在を知って、細野晴臣のカバーを発見したのでこのリストに入れておきました。

9.終りの季節
名盤 "HOSONO HOUSE"ではなくて、エレクトリックな気分だったので、2019年の "HOCHONO HOUSE" のバージョンを入れました。でも、このバージョンはアコースティック寄りですね。

10.ラモナ
ギターの音を聴いていたら、昨年の今頃に聴いて心に沁み渡った、細野晴臣の2011年のアルバム "HoSoNoVa"の1曲目、ラモナを聴きたくなりました♪1928年の米映画 "Ramona" の主題歌。去年の夏、Nos Vemosのライヴで演奏してもらったりと思い入れの強い曲です。

11.Sonata in A Major
最後はスカルラッティのソナタを。スカルラッティは1700年代のイタリアで活躍した作曲家。ドラマ「深夜食堂」を観ていたら、この曲がかかって印象に残っていたのでずっと気になっていました。ここ最近で一二を争う琴線に触れるメロディを、ジョン・ウィリアムスのギターで♪

お問い合わせ・ご予約

CONTACT

まずはお電話でご連絡ください。
ご予約、お問い合わせ等をお受けいたします。

025 - 512 - 0105